OPP 袋とは? 特徴・用途について詳しく解説

あらゆる物を梱包・封入するのに便利な透明の袋。
透明袋は一般的に「OPPフィルム」を加工して作られたものであり、正式名称は「2軸延伸ポリプロピレン(Oriented Polypropylene)」と言います。

透明のOPP袋

便利で使い勝手の良いOPP袋について下記の項目に分けてご紹介します。

目次

OPP袋の用途

用途の幅が広いOPP袋ですが、特におすすめの使い方を2つご紹介します。

DM(ダイレクトメール)を入れる

紙封筒と違い透明なので、ひと目で中身を確認することが可能です。
防水性が高いので悪天候での郵送にもぴったり。
現在紙封筒でDMを送っている場合は、ぜひ切り替えてみてください。
開封率がアップすれば、広告効果のアップを見込めます。

DMに最適

アパレル商品を入れる

商品へのホコリや汚れを防止できます。
さらにハリ艶があることで中身がより美しく見え、商品の良さを存分に引き出せるのも嬉しいポイント。
Tシャツ・ブラウスなど生地の薄いものはもちろん、バッグやリュックなどの内袋にもおすすめ。
店頭での販売用をはじめ、インターネットやフリマアプリでの販売用にもご利用いただけます。

アパレル製品を入れる

テープ付・テープなしの違いとは?

弊社では、テープ付・テープなしの2種類をご用意しております。

  • テープ付OPP袋:付属のフィルムを剥がして貼るだけで、しっかりと封ができる。
  • テープなしOPP袋:リボンやシールなどで袋の口を留められる。ラッピング用におすすめ。

OPP袋テープ付は、汚れ・ホコリ・水濡れを防止したいときにおすすめです。
紙類はもちろん、水濡れに弱い革小物などの梱包用にも。
袋の口から中身が落ちてしまうことも防げるため、大切な書類を封入する袋としてもご使用いただけます。

OPP袋テープなしは、ラッピングなどでご利用いただくのがおすすめです。
テープがついていないので、リボン・シールなどを使ってアレンジすることができます。
書類の整理整頓にご利用いただくのも良いでしょう。口が空いているため封入作業もしやすく、バラバラになっている書類をスッキリとまとめることができます。

テープ付・テープなしの2種類をご用意しております。

OPP袋はあらゆる用途で使える便利な商品!

OPP袋は便利で使い勝手の良さが魅力的な商品です。
用途の幅も広く、アイデア次第でさまざまな使い方ができるのもポイント。
ご自宅用でも、業務用でも、大活躍してくれます。
この機会にぜひ利用してみてください。